格段とオシャレに!作務衣と帽子

こんなにも種類が?

作務衣に似合う帽子

作務衣は禅宗の僧侶が
・掃除
・薪割り
・畑仕事
などの作務に着く際に着用する衣です。
正式の法要や座禅の際には着用することができないのが特徴です。

また色においても修行僧は
・黒色
住職などの資格がある僧侶は
・藍色
・茶色
などを着用します。

素材も
・麻
・綿 
・ウール
・ポリエステル
と様々な素材でお召しになることが可能です。体をしめつけることなくゆったりと着れる作務衣は現代の日常生活にも溶け込み始めています。

日常に溶け込んでるということで今回は

以前にも少しご紹介した

帽子

についてもう少し詳しくご紹介できればと思います。

作務衣と帽子の組み合わせって少し意外ですよね。

しかし普段着の作務衣をお出かけ時に帽子を被ることで格段とオシャレに見えるんです。

こちらでは
・夏用

screen-shot-2016-11-08-at-12-46-29

こちら夏用の帽子

・冬用

screen-shot-2016-11-08-at-12-46-44

こちらウールの帽子

のどちらも用意しています。
また帽子の種類も
・ハット

screen-shot-2016-11-07-at-17-02-40

こちらハット一例

・ハンチング

screen-shot-2016-11-08-at-12-46-59

こちらハンチング一例

とお好きなものをお選びになっていただけます。

また用途に合わせてお使いになっていただけます。

他にも作務衣を格段とオシャレにするアイテムがあるので随時ご紹介していきたいと思います。

着物スーツ門はコチラから