• 世界に一つの作務衣
  • 一杢カタログ 資料請求
  • 一杢カタログ
  • 基本和装セット
  • フリーダイヤル:0120-37-4666
  • ご注文前の注意点
  • 10,000円以上お買い上げで送料無料和装スーツ&作務衣のよくあるご質問
  • メルマガ会員
  • メディア掲載
  • 衣装提供
  • イタリアレポート
  • イタリアレポート
  • 一杢ショップの安心返品保証
  • 名入れ・ラッピング 無料サービス
  • ご購入頂いたお客様からのお喜びの声
  • 京都デザイン賞2014
  • お得なキャンペーン情報や新商品の情報を発信していきます。ぜひご登録ください。

    和の装い着物 着物スーツ 門

    シルク、麻、綿、ウールといった素材の特徴を生かし、デザインとディティールにこだわった、新しい和の装い着物をご提案いたします。

    和の装い着物 着物スーツ 門

    作務衣 樹亜羅

    修行僧の作業着が発祥の作務衣。その機能性はキープしつつ、ふだん使いにもぴったりのデザインで仕上げました。

    作務衣 樹亜羅

    男性用

    女性用

    コート

    マントコート、インバネスコート(とんび)など、トラディッショナルで主張の強い、個性的なアイテムを取り揃えています。

    コート

    • 粋な外出用着物 着物スーツ 門
    • おしゃれ男の作務衣 樹亜羅
    • 冬のマストアイテム コート
    • 羽織紐
    • 肌着・シャツ
    • シューズ・草履
    • 念珠ブレス
    • レザー合切袋
    • 足袋ソックス
    • 店長藤井の一杢ショップ
    • 人見幾生の社長ブログ
    • プライバシーマーク取得

    着物・作務衣の京都二条 一杢のご案内

    二条城から徒歩3分

    一杢オリジナルブランド、和の装い着物 着物スーツ「門」とおでかけ作務衣「樹亜羅」は、実際に商品を手に取り、体感していただくことで、その良さをより感じて頂けるものです。
    そのために一杢では、世界遺産・二条城からほど近い所でショップを運営しております。
    京都観光の折にぜひお気軽に足をお運びください。ご来店を心よりお待ちしております。

    〒604-0063
    京都市中京区二条通油小路東入ル西大黒町320
    営業:10:00〜17:30 / 定休日:水曜日

    詳しくはこちら

     

    よくあるご質問

    Q.作務衣はいつ着ればいいのですか?
    A.作務衣には、通常の着物とは異なり、良い意味での自由さがあります。
    丈夫で大変動きやすいので、くつろぐ時は勿論、少し体を動かす作業を行う時にも着て頂けます。
    「こういう場で着なければいけない」「こういう着方をしてはいけない」といった縛りがありません。
    自由にアレンジできる楽しさをお愉しみ下さい。
    薄手の綿素材は春夏向け、厚手の綿ウール素材は秋冬向けです。
    Q.作務衣や和装スーツは洗濯できますか?
    A.基本的に洗濯は可能ですが、素材や染めによってはドライクリーニングや手洗いなどで洗って頂く必要がございます。
    絹は洗い張り屋などと呼ばれる専門店かクリーニング店に頼むと無難です。クリーニング店に頼む場合は事前に和装を扱ったことがあるかどうかを確認しよう。和装では洋装異なり、生地や構造が異なるため、経験のないクリーニング店に依頼するとかなりリスキーになる。
    Q.作務衣のサンプル(見本)を送ってほしいのですが可能ですか?
    A.現在、商品サンプルの貸出はしておりません。申し訳ございません。
    但し生地の質感を確認するために一枚ご購入頂き、思っていたものと違う等の理由による交換は購入より1ヶ月以内であれば可能です。
    ※交換に要する返送代金は弊社が負担いたします。また、一部商品(お名入れ品、サイズお直し品)は対応することができません。
    Q.和装スーツや作務衣のサイズが思っていたものと違ったので交換してもらうことは可能ですか?
    A.ご購入より1ヶ月以内であれば交換に対応させて頂いています。
    ※交換に要する返送代金は弊社の負担いたします。また、一部商品(お名入れ品、お直し品)は対応することができません。
    Q.商品カタログはありますか?
    A.トップページ上部にございます「お問い合わせ」より「カタログ請求」にチェックを入れ、必要事項を記入して送信をお願いします。 ご住所にもよりますが、ご請求頂いてから到着までに最大で7営業日程度頂く場合がございます。
    Q.お店に直接買いに行ってもいいですか?
    A.カタログを一度ご請求頂いてから購入を検討されている商品について問い合わせて頂いてからご来店ください。
    人気商品の場合ですとネット上に掲載されている商品でもその日の内に完売してしまうことがございます。
    Q.作務衣と甚平の差は何ですか?
    A.作務衣は長袖長ズボンに対して、甚平は七分袖、半ズボンです。
    また、甚平は涼感を意識したものが多く、夏向けのものとなっています。 当ショップでは作務衣のみを扱っております。
    Q:「和装スーツ」「和風スーツ」とはどのようなものですか?
    A.「和装スーツ」「和風スーツ」とは、、弊社がオリジナルで販売している商品です。
    作務衣風上着、袴風パンツ、羽織風ベストの3点セットで、作務衣より着物に近いイメージです。
    特徴は洋装のように脱ぎ着できるパンツで、ボタンとファスナーでウエスト前部を締めることができます。
    また、アジャスターベルトとゴムでベルト感覚で調整していただくことが可能です。
    Q:「和風スーツ」と「作務衣」の違いはどのようなところですか?
    A.大きな違いはパンツのデザインです。作務衣のパンツはほぼストレートですが和装スーツは全体的に作務衣のパンツ(当社製品)より太目で裾に近くなるにしたがって、少し細くなっています。
    ウエスト部分は作務衣のパンツは総ゴムの紐付き、和装スーツのパンツはハイウエストになっていて両サイドがゴムになっていて、アジャスターベルトがついております。
    また和装スーツはすべての商品に羽織風ベストがセットになっております。
    Q:和風スーツはどんな時に着るのですか?
    A.シーンは特にこだわらなくても大丈夫です。お客様のイメージでお召いただいて良いと思います。
    作務衣よりもフォーマルな場面での着用が可能ですのでお食事や観劇などの日常使いはもちろんのこと、お客様の中には、冠婚葬祭やパーティー、講演や会合といったあらたまったシーンでの着用をされている方も多いです。
    また、海外旅行の際にお召いただくお客様も多いようです。
    Q:和風スーツの着用時の履物は何を履けばよいのですか?
    A.草履、雪駄など、何を履いても様になります。ただ、靴をお選びいただく際は、紐なしタイプのデザインをお勧めします。
    Q:和風スーツを着る際のインナーは何を着ればよいですか?
    A.特に決まりはございませんが、弊社では、スタンドカラーのシャツか、和装用インナー(肌着)をお勧めしております。
    Q:羽織紐は必要ですか?
    A.羽織紐はした方が、様になります。
    羽織紐の素材、デザインはお好みで構わないと思います。
    Q:和風スーツを着るのに必要なものはありますか?
    A.和風スーツだけでも様にはなりますが、和装用インナー(肌着)羽織紐草履があるとより様になります。
    お好みで帽子合切袋、季節によってはコートストール等がありますと様になります。
    Q:和風スーツはどの季節に何を着ればよいですか?
    A.特に決まりはございませんが、弊社では、春夏には薄手の綿、秋冬には厚手の綿ウールをお勧めしております。