作務衣を着用した際の防寒対策

投稿日:

作務衣は一年中着用できる作業着として人気を得ています。初めて作務衣を利用する人の中には、冬場の防寒対策について心配している人も多いのではないでしょうか。確かに冬場は空気も冷たくなりますので、作務衣の襟元から冷たい空気が入ってくることもあります。その場合は、作務衣の下にセーターなどを着こむと暖かくなります。冬場でも工夫をすれば作務衣を暖かく着用する方法もあります。

あったか裏地付きの寺用作務衣であれば、裏地に暖かい素材を使っていますので、寒い冬でも問題なく利用できるようになっています。表地は従来の寺用作務衣の素材を使用し、裏地に保温性に優れた生地を上着、ズボンの両方に使用していますので暖かく感じます。

おでかけ作務衣「樹亜羅」シリーズ

ct-kiara_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です