作務衣の作り方

投稿日:

物事を好きになるとその原点まで気になってしまうのが藤岡です。

作務衣は着物1枚、接着芯、ボタン、スナップがあればなんと自分でも作れてしまうんです!My 作務衣が作れてしまうんです!
作務衣の作り方は、まず着物を解き洗ったあと、生乾き状態でアイロンをかけます。身頃は布端をそのまま縫い代に使い、袖口を作ります。またこのとき縫い代を1.5cm程度裁断しておいてください。このとき布が足りない時は、繋ぎ合わせをして補充することになるため、余裕を持って大きめの布で作り始めるのがオススメ。

その後ベルトと衿の裏 さらに全体に接着芯を張り、後ろ中央部分のタックを縫っていきます。袖については2枚重ね、その上から縫います。袖下や脇は続けて縫い、縫い代はそのまま割ります。その後袖口にゴムを入れ、ベルトや衿はアイロンで型を整えて仕上げていきます。

最後にボタンとホックをつけます。作務衣の実際の作り方は様々ですが、手順を一つ一つ確認していくと初めてでも上手にできますよ。

とはいえ、、、自分では味は出るものの、なかなかかっこよくは仕上がりません。おしゃれな作務衣は一杢の作務衣を御覧ください。

おでかけ作務衣「樹亜羅」シリーズ

ct-kiara_04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です